連載

しねればしねるほど、叩けば叩くほどご利益あり! 天下の奇祭「しねり弁天たたき地蔵まつり」

周囲を山々に囲まれた国内有数の豪雪地帯でもある新潟県魚沼市。5月上旬まで春スキーが楽しめる山の雪が溶けるころ、スキー客に代わって、尾瀬を目指すハイキング客がやってきます。新潟県や福島県など4県にまたがる尾瀬国立公園ですが、新潟方面から向かうには魚沼市が唯一の玄関口となるため、市内を通って緑豊かな初夏の尾瀬を目指すのです。

5月下旬~6月上旬の尾瀬のミズバショウシーズンを終えたこの街へ、次に人を呼ぶのが、世にも珍しい奇祭です。2月の「雪中花水祝(せっちゅうはなみずいわい)」、3月の「百八灯(ひゃくはっとう)」とともに、“魚沼市の三大奇祭”を形成するのが、6月の「しねり弁天たたき地蔵まつり」。今回は、天下の奇祭とも呼ばれる一風変わったお祭りをご紹介します。

飛び入り参加もOK! 御神体の上にまたがって奇祭を体感してみては?

しねり弁天たたき地蔵まつり

江戸時代中期に始まったとされる、魚沼の奇祭が「しねり弁天たたき地蔵まつり」です。東京・上野の弁天様のまつりがルーツとされ、子孫繁栄、家内安全、五穀豊穣、商売繁盛を願って、毎年6月30日に市内小出地域の本町通りと陣屋通りで開催。「しねり弁天!」と声をかけて男性が女性をしねる(つねる)と、「たたき地蔵!」と叫んで女性が男性を叩くことができる、一夜限りの無礼講が許されるユニークなお祭りです。威勢のいい祭り囃子が響くなか、顔に弁天様やお地蔵様のメイクを施した人たちであふれる会場には、メイク用のブースが設置されているので誰でもメイクして参加でき、御神体にまたがることも可能。クライマックスとなる御神体渡御「金精様(こんじょうさま)の婿入り」では、新婚夫婦が長さ約2.3m、重さ約500㎏の御神体・金精様にまたがって、大しめ縄が飾られた弁天堂をめがけて突入する、ある意味神秘的なシーンが展開され、感動必至(!?)です。

DATA

日程:6月24日(土)
会場:魚沼市小出市街
電話:025-792-2124(小出商工会内 しねり弁天まつり実行委員会)
https://benten.uonumakoide.com/

日本一のブランド米・魚沼産コシヒカリで知られる魚沼市。初夏の山菜もおいしいグルメな街は、“湯之谷温泉郷”と呼ばれるほどの温泉の宝庫でもあります。栃尾又温泉、大湯温泉、銀山平温泉、折立温泉といった良質な温泉が多数あり、日帰りで楽しめる温泉も豊富。天下の奇祭を楽しんだ後は、美食と温泉で癒されてみては?

※写真はイメージです。

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 札幌市 函館市 八戸市 岩手町 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP