トピックス

  

もりおか歴史文化館にて企画展「『雑書』の世界 -家老が書き残した盛岡藩-」3月14日まで開催

もりおか歴史文化館では3月14日まで、企画展「『雑書』の世界 -家老が書き残した盛岡藩-」を開催中。

「雑書」とは、所属のはっきりしない種々雑多な書物のこと。もりおか歴史文化館には、盛岡藩の政治を取り仕切った家老によって記録された190冊におよぶ雑書が収蔵されている。江戸時代初期の寛永21年(1644)から幕末に近い天保11年(1840)までのおよそ200年間、盛岡藩の家老が交替で記録し続けた政務日誌と呼べるもので、「盛岡藩家老席雑書」「盛岡藩家老席日記」などとも呼ばれている。

この収蔵した雑書は、青森・岩手・秋田にまたがる盛岡藩の、江戸時代の動きを知ることができる貴重な資料だが、江戸時代に書かれた記録であるため解読が難しい文字・言葉で記されている。多くの人たちの協力により、くずし字を現在の文字に置き換える翻刻作業が進められ、昭和61(1986)年からは刊本として順次出版され、まもなく刊行される50巻をもって翻刻出版事業がついに完了する。この一大事業の完了を記念して、同館が誇る貴重な雑書を正面から扱って突き詰め、その資料的意義や魅力を見出す企画展。

DATA

開催期間:3月14日まで
開館時間:9時~18時(入場受付は17時30分まで)
観覧料 :一般300円/高校生200円/小・中学生100円
 ※団体割引あり
 ※ 盛岡市内在住の65歳以上、盛岡市在住・就学の小・中学生は無料
 ※障がい者やその介護者(1名につき1人まで)は無料
会場  :もりおか歴史文化館 2階企画展示室
主催  :もりおか歴史文化館活性化グループ

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 函館市 八戸市 岩手町 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP