トピックス

  

日本画の現在・未来をたどる! 栃木県立美術館、企画展「日本画のゆくえ」3月21日まで

栃木県立美術館では、「日本画のゆくえ-継承と断絶・模倣と創造」を3月21日まで開催中。

幕末から明治への転換期に、国の近代化は日本の絵画界にも押し寄せた。18世紀後半には西洋画の画法を取り入れた洋風画が現れ、日本絵画の近代化が進んだ。その西洋絵画(日本における洋画)の対概念として、国の名を冠した「日本画」という用語が明治20年代には定着したといわれている。

本展では、現在日本画家として活動する気鋭の画家たちによる作品を展示。明治・大正・昭和の激動期から平成を経て令和に至る「日本画」が、その歴史上に今も存在するのか、それともピリオドを打ったのか、もしくは「新しい日本画」が誕生したのかということを問いかける。

DATA

「日本画のゆくえ-継承と断絶・模倣と創造」
会場 栃木県立美術館 企画展示室
期間 3月21日まで
休館日 月曜日(3月21日は開館)
時間 9時30分から17時(入館は16時30分まで)
住所 栃木県宇都宮市桜4-2-7
料金 一般900円、大高生600円、中学生以下無料
TEL 028-621-3566

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 函館市 八戸市 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP