トピックス

  

新潟市美術館​​にて「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022 こどものとも―『ぐりとぐら』も、生まれた場所。」5月22日まで開催中

新潟市美術館では5月22日まで、​​「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022 こどものとも―『ぐりとぐら』も、生まれた場所。」を開催中。

「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」など、世代を超えて愛されるタイトルを数多く生み出してきた月刊絵本「こどものとも」。毎号ひとつの物語を1人の作家がすべて手掛けるという当時類のないかたちで、1956年に福音館書店から創刊された。「子どもが最初に出会う絵本にこそ一級の芸術作品を」との思いから、これらの絵本には日本画、洋画、彫刻、デザイン、漫画など様々な芸術分野の作家が参加。第一線で活躍する作家たちにとっても思い思いの手法や可能性を試す表現の場となり、やがてそこからは絵本を主な創作の舞台とする作家も育っていくなど、児童書の出版にも大きな転機をもたらした。

本展では、宮城県美術館が所蔵するおよそ550タイトルの絵本原画の中から、「こどものとも」草創期に関わる重要な作品や人気作はもちろん、今回初めて展示するものや新潟県ゆかりの作家の作品を展示。子どもだけでなく大人にも広く親しまれる今日の絵本文化の歩みと原点を知ることができる。

DATA

開催期間:5月22日まで
休館日 :月曜日(5月2日は開館)
開館時間:9時30分~18時(観覧券販売は閉館30分前まで)
会場  :新潟市美術館 企画展示室
観覧料 :一般1200円/大学生・高校生900円/中学生以下無料
 ※障がい者手帳・療育手帳の提示で本人および介助者1名無料
 ※団体料金・リピーター割引あり
 ※ミニチュアライフ展以降の新津美術館の企画展観覧券を持参で割引
 ※平日15時以降に当日観覧券は割引

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 函館市 八戸市 岩手町 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP