トピックス

  

郡山市立美術館にて「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」9月10日~10月23日開催

福島県の郡山市立美術館は9月10日~10月23日の期間、展覧会「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」を開催する。

近年、最も注目されている写真家のひとり、ソール・ライター(1923―2013)は、1950年代からニューヨークでファッション写真家として第一線で活躍。1980年代に表舞台から退いたものの、2006年にドイツで出版された初の写真集「Early Color」によって「再発見」されて一躍脚光を浴びる。「カラー写真のパイオニア」と称されたソール・ライターは、以降展覧会の開催や映画などを通じて世界中の人々に知られるようになった。

ニューヨークを舞台に、ソール・ライターは類稀な造形感覚によって、日常が織りなす光景を独自の距離感で撮り続けた。本展では、2014年に創設されたソール・ライター財団が管理する膨大な作品資料のアーカイブから、選び抜かれた作品を展覧してソール・ライターの業績を辿るとともに、その創作の源泉に迫る。

DATA

会期:9月10日〜10月23日
休館日:毎週月曜(9月19日および10月10日は開館、各翌日休館)
開館時間:9時30分〜17時まで(入館は16時30分まで)
観覧料:一般1000円(800)円 
高校・大学生、65歳以上:700(560)円
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳を持っている人は無料
主催:郡山市立美術館
協力:ソール・ライター財団
企画協力:コンタクト、Bunkamura

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 函館市 八戸市 岩手町 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP