トピックス

牧野富太郎が追いかけた万葉集に登場する植物の企画展! 春の特別企画展「牧野富太郎と万葉集」4月12日~6月12日開催

富山県の高岡市万葉歴史館では412日~612日の期間、春の特別企画展「牧野富太郎と万葉集」を開催する。

「日本の植物分類学の父」ともいわれる牧野富太郎氏(18621957)は、業績とその人柄によって、今なお多くの人を惹きつけているという。

俳優 神木隆之介と石川県出身の女優 浜辺美波による2023年度前期NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」が、牧野と、牧野を献身的に支えた妻 寿衛子(すえこ)をモデルとして制作されることも、衰えない人気のほどを証明しているといえよう。

その牧野博士が「万葉集」にも造詣が深かったことはあまり知られていない。晩年の牧野博士は、万葉集に登場する植物の図鑑「万葉植物図譜」を準備していたが、生前に刊行されることはなかった。

水島南平「ツユクサ」

今回の企画展では、練馬区立牧野記念庭園の全面的協力のもと、万葉植物図譜の複製原画を展示し、牧野博士と万葉集の関わりを紹介。また、牧野博士は植物の細密画にも大きな業績を残しており、その牧野博士を模範として学ぶ「越の花倶楽部」(富山市)の植物細密画も合わせて展示する。

また、今回の特別企画展の記念講演会「牧野富太郎と『万葉植物図譜』への情熱」を開催。牧野博士の生涯や業績などを調査し、昨年、牧野博士の長年の夢であった万葉植物図譜を出版(「牧野万葉植物図鑑」共著、北隆館)した田中順子氏が講師として登壇する。

イベントの詳細はこちら

DATA

■春の特別企画展 牧野富太郎と万葉集
期間:412日~612
場所:高岡市万葉歴史館(富山県高岡市伏木一宮1-11-11
開館時間:9時〜18時(入館は閉館の45分前まで)
観覧料:一般300円/中学生以下無料/65歳以上240円/20人以上の団体240
休館日:毎週火曜日

旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。
旅行などでお越しの際には、居住地並びに行先の地域の自治体が求める要請内容、国の新型コロナウイルス感染症対策サイト等を必ずご確認ください。

東日本の旅を楽しもう!

東日本の自治体ご紹介

東日本の自治体紹介マップ 札幌市 函館市 八戸市 岩手町 盛岡市 秋田市 山形市 仙台市 福島市 会津若松市 郡山市 宇都宮市 小山市 那須塩原市 さいたま市 みなかみ町 新潟市 三条市 魚沼市 南魚沼市 高岡市 氷見市 南砺市 金沢市 長野市 上田市 福井市

東日本の観光情報はこちら!

函館市の観光情報はこちら 八戸市の観光情報はこちら 盛岡市の観光情報はこちら 秋田市の観光情報はこちら 山形市の観光情報はこちら 仙台市の観光情報はこちら 福島市の観光情報はこちら 会津若松市の観光情報はこちら 郡山市の観光情報はこちら 宇都宮市の観光情報はこちら 小山市の観光情報はこちら 那須塩原市の観光情報はこちら さいたま市の観光情報はこちら みなかみ町の観光情報はこちら 新潟市の観光情報はこちら 三条市の観光情報はこちら 魚沼市の観光情報はこちら 南魚沼市の観光情報はこちら 高岡市の観光情報はこちら 氷見市の観光情報はこちら 南砺市の観光情報はこちら 金沢市の観光情報はこちら 長野市の観光情報はこちら 上田市の観光情報はこちら 福井市の観光情報はこちら

PAGE
TOP